映画記録 2022年4月4日〜4月10日

2022年4月4日〜4月10日に観た映画(7本)


・CODA (2021) 
・Morbius (2022) 
・Amarcord (1973)【1001】
・Reservoir Dogs (1992)【1001】
・The Graduate (1967)【1001】
・Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016) 
・Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald (2018)


今週の新作は「コーダ あいのうた」と「モービウス」でした。

「コーダ」は「大号泣!!!!」といった感想を目にしていたので、鑑賞後すぐに仕事に行けるだろうか…と不安を感じながら行ってきました。家族のために自分の夢や生活を犠牲にしていた少女が夢を叶えるための一歩を踏み出せたというストーリーはとても良かったのですが、特に泣くこともなく普通に映画館を後にしました。ぎっくり腰が完治していなかったので、エンドロールが終わってからも座席からなかなか立つことができず、周囲からは「あの人ものすごく余韻に浸ってる…。」と思われていたかもしれません。

「モービウス」で印象に残っているのはチープカシオでした。ノーベル賞を受賞するレベルの研究者であり、気前の良いスポンサーの友人もいて研究室は最新機器だらけにもかかわらずチープカシオを愛用しているのが気になって気になって。あまりに何度も出てくるので「ひょっとして…これは…とても…便利なのでは…。」と暗示にかかってしまい、帰りに時計売り場に見に行ってしまいました。実物を見ると思っていた以上にチープだったので購入しなかったのですが、もう一度見てみようと数日後に同じ売場に行ったら売り切れていました。

そういえば計算機付きのカシオを使ってるキャラクターもいたはず…と調べてみたところ、「ダークナイト」のジョーカー、「ブレイキング・バッド」のウォルター、「キングスマン」のヴァレンタイン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマーティンが作品中で着用していたようです。

Apple Watchにも計算機やストップウォッチはあるのに、チプカシが何だかとても画期的で便利でおしゃれな時計に見えてくるので映画の影響はすごいですね。

ーーーーーーーーーー
■今年観た映画:94本
■死ぬまでに観るべき1001本の映画:169本
※先週のBabette’s Feast, 先々週のChariots of Fireを記入忘れしていたので調整。

コメント

  1. Yuko より:

    チープカシオ、便利そうでしたよね。あれは販促グッズとして映画館の売店に置いておくべきだと思います。肝心の映画の方は、あんまり面白くなかったような。。。悪役の人が心から楽しそうなのが印象的でした。

    •  kov より:

      あれは売店に置くべきですよね。
      私も映画の内容はいまひとつだったと思います。ストーリーの流れや主人公の行動に一貫性がないように感じましたし、映像も特筆すべきシーンはなかったような気がします。そんなこんなで結局チープカシオが一番心に残ったものとなりました…。