一時期コメダに住んでいるんじゃないかと噂されるほどコメダに入り浸っていましたが、タバコをやめて以来ちょっとでもタバコの臭いがするとオエッとなるようになってしまったので今では月に数回行く程度になりました。

先日仕事が終わってからのちょっとした報告会でコメダに寄ったところ、限定シロノワールを発見。
ここ数年(?)期間限定で色々なシロノワールが出ていますが、その中でも昨年のリンゴノワールが一番のお気に入りでした。今回はハロウィン仕様と言ってもジャック・オ・ランタンのクッキーが乗っかっているだけでベースはリンゴノワールっぽかったので行かないわけにはいきません。

ソフトクリームとキャラメルソースとリンゴ、そして熱々デニッシュの間のカスタードが絶妙。とっても美味しくいただきました。やはり一連の限定シロノワールの中でもこれが一番好きです。11月末まで販売している予定のようなので、もう一度くらいは食べに行きたいところです。

最近はペン習字を始めたり、水彩イラストも始めたりして、芸術の秋を満喫しております。
人はそれを現実逃避とも呼びます。


Dog on It: A Chet and Bernie Mystery (The Chet and Bernie Mystery Series)

【あらすじ】

Bernieはウエストポイントを卒業しているエリートだったが、今はパッとしない私立探偵。相棒の大型犬Chetと生活のために仕方なく浮気や離婚の調査を行う毎日。ある日、高校生の娘が行方不明なので探して欲しいという母親からの依頼で誘拐事件を調査をすることになる。身代金の要求もなく、一度は娘も帰ってきたので単なる家出と思われていたが…。

【感想】 Read More →

ここ二ヶ月ほど、生活上の最優先事項が断捨離活動だったので、せっかく少し習慣化していた読書メモを書いておらず、早くも内容を忘れ始めています。

というわけで!書かなければ書かなければ…と思い続けていると心の負担がハンパないので、とりあえずここ二ヶ月ほどで読んだものを簡単にまとめておくことにします。
Read More →


フェルマーの最終定理

【内容】
17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以 後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマ を軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!(Amazon.co.jpより)

【感想】
めちゃくちゃ面白かった!!!
数学がいかに美しいか、そしてどのようにして数学者たちが発展させてきたかが映像を見るかのごとく鮮やかに頭の中に広がります。
バイリンガルニュースでマミさんが面白かったと言っていたので気になっていた所、ちょうど図書カードをいただいたので文庫を買って読んでみたら、予想以上の面白さでした。
Read More →


Thirteen Reasons Why

【あらすじ】

高校生のクレイはある日カセットテープが入った箱を受け取る。それは2週間前に自殺したクラスメイトのハンナが、彼女が自殺することに決めた13個の理由を語っているカセットテープだった。自殺の原因に関わる人間に順番に送られ、もし次の人に送らなければ内容を公開されてしまう。クレイはカセットテープを聞いて、どのようなことが起こったのか、自分が何をしたのかを知っていく。

【感想】

ティーンエージャーの自殺というテーマは非常に重苦しいものがありました。 Read More →