昨年はペン習字の通信講座を始めました。
1月に文化ペン字学会、9月からパイロットのペン習字通信講座を始めたので、現在は2つ並行して履修しています。
文化ペン字の方は添削課題、検定課題は別々に分けて提出します。パイロットは添削課題と級位認定課題の清書用紙が一緒なので毎月提出は1回です。
私は、文化の方は毎月添削課題と検定課題の両方提出すること(を目標)にしており、パイロットも毎月課題提出しているので、合計3回課題を提出しています。それぞれ返信用の切手も必要なので、毎月82円×6枚の切手が必要になります。

時々友人にハガキを送ったりするので52円の記念切手はちょこちょこと買い揃えていましたが、82円はあまり手持ちがなかったのであっという間に使い果たしてしまいました。

記念切手を買いに

郵便局に行くと色々可愛いものがありましたが、昨年の11月に発行されていた童話のノスタルジーシリーズの安野光雅さんのシートを発見。
安野さんの絵は大好きなので、即決でした。1年ほど前に発行されていたいわさきちひろさんのシートもまだ1枚だけ残っていたのでそれも買ってきました。とてもフォトジェニックな2シートですが、切手を写真に撮ってアップすると万が一のトラブルもあるようなのでやめておきます。(総務省HP 「郵便切手類の模造等」

今年度はのこり三ヶ月ですが、星の物語シリーズなどまだまだ素敵なものがありますね。
特殊切手・ふるさと切手・グリーティング切手・2016(平成28)年度発行一覧

返信用切手選び

文化ペン字とパイロットは毎月の課題提出回数も違いますが、返信用切手の準備の仕方も違います。

パイロットの通信講座では、課題提出の際には、清書用紙、採点表、返信用の切手を送ります。
返却の際は事務局で回収された切手をランダムに貼って返送されるようで、自分がすんごい可愛い切手を入れたとしても、それを貼って返送してもらえる訳ではありません。その代わり、私が提出する際に普通切手を同封しても、すんごい可愛い記念切手で返送されてくる場合もあります。
ちょっとした切手交換のような気分になります。私の送った切手を見て、誰かがニヤニヤしている所を想像しています。

文化は課題提出の際に、自分宛ての返信用封筒を同封するので、自分が貼った切手で戻ってきます。(検定試験の場合は専用の返信用封筒をもらえますが、切手は自分で貼ります。)
貼った切手がそのまま自分に戻ってくるなら…とこれはこれですんごい可愛いのを貼りたくなります。

郵便受けを覗いた時にダイレクトメールや請求書ではない郵便物が、しかも素敵な切手で届いているとそれだけでちょっと嬉しい気持ちになるものですね。

とはいえ、自筆の自分宛ての封筒が戻ってくると、「なんだこれは…、もっときれいな字を書けるように練習しなければ…。」と郵便受けの前で心に誓わずにはいられません。この点においてはペン習字通信講座でこのシステムは大変効果的だと思います。

オリジナル切手

日本郵便ではシール形式のオリジナル切手も制作できるようです。

フレーム切手について

フレーム形の郵便切手の内枠内に写真等を印刷するオリジナルの切手です。
写真の仕上がり寸法は大型タイプの場合は約3.2cm×3.2cmとなり、それ以外は約2.4cm×2.4cmとなります。
切手10枚のものと切手が20枚のもの2種類ご用意しております。

日本郵便 フレーム切手

82円切手10枚で1,230円と、それほど法外な値段がかかるわけでもないので、写真だけでなくイラストなどを使ってちょっとした記念に作っても面白いかな〜と思いました。