American Caesar
William Manchester

Douglas MacArthurの伝記です。
スクールの課題図書だったので、授業に合わせて歴史的、地理的なこと、関連人物など色々と調べながら読んだために800ページを1年がかりでした。途中で編入したので追いつくために必死こいて読みました。いつも読んでいるものと比較すると英文も難しかったです。軍隊関連の用語も出てきて慣れるまでは手こずりました。
単純な性格なので、1年もかけて伝記を読むとその人物の知り合いになった気がしてしまいます。(…と同時に、一年もかけてると忘れてしまってる所もたくさんあります…。)
Read More →


Tuesdays With Morrie
Mitch Albom

【内容】

アメリカ人ジャーナリスト Mitch Albomは、ある晩に偶然見たTV番組で大学時代の恩師モリーが難病であるALSを患っていることを知り、大学を卒業して以来16年ぶりに恩師を訪ねた。残された時間は短かったが、毎週火曜日に人生で大切なことについて語り合うモリー先生とミッチの授業が始まる。

【感想】

できることとできないことをきちんと受け入れる。

過去は過去として、否定したり捨てたりせずに受け入れる。 Read More →


The Martian
Andy Weir

【あらすじ】

NASAの3度めの火星有人探査ミッションAres3だったが、火星で激しいストームに遭い、メンバーの1人であるMark Watneyはアンテナが刺さったまま飛ばされてしまう。バイタルサインもなく、宇宙服に穴が開いては生存の可能性がないとしてそのまま置き去りにされたが実は奇跡的に助かっていた。次のAres4が到着する4年後まで何とかして生き抜こうと、植物学者としての知識を活かして食料を栽培するなど奮闘する。しばらくしてNASAがMarkの生存に気付き、救出作戦が開始する。

【感想】なるべくネタバレしないように努力はしております。
Read More →

The Girl on the Train: A Novel
Paula Hawkins

【あらすじ】
Rachelは孤独でアルコールに溺れた生活をしている。解雇された事をルームメイトのCathyに気づかれないように通勤するふりをして毎日同じ時間に電車に乗っている。
その電車が信号停止する時に車窓から見える仲睦まじい夫婦をJasonとJessと勝手に名付け、かつての幸せだった頃の自分の生活を重ねながら眺めている。しかしある日、Jessが見知らぬ男とキスをしている所を目撃してしまう。そしてその後Jessが行方不明になったと知り、真相を解明するために事件へ足を踏み込んでいく。

【感想】ネタバレかもしれないのでご注意。
Read More →


Sarah’s Key (English Edition)
Tatiana de Rosnay

第二次大戦時、ナチス・ドイツの占領下にあったフランスで起こったヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)という実際にあった出来事を元に書かれた小説。

【あらすじ】
1942年7月、フランス警察がユダヤ人を一斉検挙した。サラの家に警察が踏み込んで来るところから物語は始まる。サラは連行される直前に幼い弟を「あとで助けにくるから」と戸棚の中に隠れさせて鍵をかけた。すぐに戻れると思っていたが、そのまま収容所送りになってしまう。

一方2002年のパリ。フランス人の夫を持つアメリカ人ジャーナリストのジュリア。流産を乗り越えて授かった一人娘ゾーイとの3人で幸せに暮らしているが、ある日第二子の妊娠が発覚。子供はもう無理だという夫に対して失望する。ヴェルディヴ事件の特集記事を書くことになり取材を続けるのだが、義母のアパートがサラの一家が住んでいた家で、一家が連行されたあとに引っ越してきたことが分かった。

【感想】完全にネタバレなのでご注意を Read More →