Sarah’s Key (English Edition)
Tatiana de Rosnay

第二次大戦時、ナチス・ドイツの占領下にあったフランスで起こったヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)という実際にあった出来事を元に書かれた小説。

【あらすじ】
1942年7月、フランス警察がユダヤ人を一斉検挙した。サラの家に警察が踏み込んで来るところから物語は始まる。サラは連行される直前に幼い弟を「あとで助けにくるから」と戸棚の中に隠れさせて鍵をかけた。すぐに戻れると思っていたが、そのまま収容所送りになってしまう。

一方2002年のパリ。フランス人の夫を持つアメリカ人ジャーナリストのジュリア。流産を乗り越えて授かった一人娘ゾーイとの3人で幸せに暮らしているが、ある日第二子の妊娠が発覚。子供はもう無理だという夫に対して失望する。ヴェルディヴ事件の特集記事を書くことになり取材を続けるのだが、義母のアパートがサラの一家が住んでいた家で、一家が連行されたあとに引っ越してきたことが分かった。

【感想】完全にネタバレなのでご注意を Read More →