死にかけのiPhoneのケーブルがあったので、何とかならないかな〜と思っていた時に下記の記事が紹介されているのを見つけました。
20 Life Hacks That You Wish You Knew Earlier
ここの9番の項目です。

ノック式のボールペンの中にあるバネをケーブルの根元に巻きつけてしまうという方法です。

やってみました!うぇい!
14091302

もひとつうぇい!
14091301
ちょっとハムっぽく食い込んでるけどOK。

Read More →

新作発表会から一夜明け、Apple Watchに対して、こんなことできたらいいな、あんな夢やこんな夢…と、懐かしいアニメソングのような期待がじわじわと高まってきました。普段から時計をしていないと落ち着かず、アナログで、ある程度の重さであるという基準で時計は選んでいます。アナログ絶対!という点から考えると、Apple Watchを時計として受け入れられないかもしれないのですが、「近未来メカ」としてはたまらない感じです。

あんなことができるといいな…というものの中に、手の動きを感知して何かを操作するというものがあったのですが、その時に思い出したのがLeap Motion。日本では昨年末発売されたものです。
手の動きを感知してコンピューターを操作するというものです。Kinectは身体全体の動きを感知していましたが、これは手の動きなのでより細かい感じですね。

↑コントローラーとして使ったり、音楽を作ったりするのも興味深いです↓

この映像の場合は、MUSEというアプリよりもこの人の部屋の方に興味が向いてしまいますけど。
画面をスクリーンに映しだして、ライヴの飛び道具なんかにも使えたりしないかなーとか思ってしまいます。
Read More →

現地時間2014年9月9日、今年もAppleの新製品発表会がありましたね。
iPhone4発売以来、毎年まるで義務のように鼻息を荒くして新調してきましたが、何となくもう今年はいいかな〜という気分です。

こういう新しいものに興味がなくなるというのは老化のひとつではないかな…という考えが一瞬脳裏をよぎりましたが、やはり「出尽くした感」をどこかで感じているからのような気がします。ジョブズもいないし。
より大きく、より速く、だけではなかなかグッとくるものがなくなってきました。
この大きさだとiPad miniの立場がまた微妙になる気が…。

iOS8は良さそうですね。
「新しいiOSを快適に動かすにはこれくらいの処理能力がほしいよね〜〜(;´Д`)」と言い訳しながら新調してしまういつもの悪魔のパターンに陥る自分がうっすらと見えます。
iPod touchが出た頃から使っていますが、有料アプリでしかできなかったことがどんどん標準機能になってるのはすごいと思います。

WATCHは…ちょっと…気になります。
寝起きに写真を見た時には、おっさんの時計のようなバンドを見て「ないわーーw」と思いましたが、よくよくサイトを見てみると色々なデザインが。これなら女性でもアリですね。

昔思い描いていた未来の世界にまたひとつ近づいた気分ですよね。
発売したら、新しいもの好きのモルモット父に試してもらって様子見しようかな…なんて企んでます。

色々なことができるようにもなるけど、コミュニケーションの形もどんどん変わってきていて、見えない糸でがんじがらめになっている…という感も否めませんが。

何だかんだ書きましたが、蓋を開けてみれば今回の発表会での一番のサプライズはU2のアルバムが5億人に無料ダウンロードできたことかもしれないです。

書き出すと止まらないので海外ドラマネタには触れないでおこうと思っていましたが、それくらいしか書くネタがないので禁断の扉を開けようと思います。

9月にして「今年最高のドラマ!」と言い切ってしまっている The Blacklist ですが、ドラマの中で使われている曲もかなりツボなものが多いです。

Read More →

今年もヴァ夏に参加したわけですが、今回は近年稀に見る低い達成率で報告すらためらう程です。

ライティングに関しては、先生の都合もあり添削依頼を出さなかったのですが、とりあえず4298wordsは書き溜めてます。
本はLandlineを読んだだけでまだ感想文すら書けていません。

自営の悲しい性で、仕事があればできるだけ入れてしまうのですが、ちょっとキャパシティを超えるボリュームになってしまって後半そちらにかかりきりになってしまったのが敗因かと。

期間内に終わらなかったからハイ終わり!ではなく、継続してやっていこうと思います。