Sarah’s Key (English Edition)
Tatiana de Rosnay

第二次大戦時、ナチス・ドイツの占領下にあったフランスで起こったヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)という実際にあった出来事を元に書かれた小説。

【あらすじ】
1942年7月、フランス警察がユダヤ人を一斉検挙した。サラの家に警察が踏み込んで来るところから物語は始まる。サラは連行される直前に幼い弟を「あとで助けにくるから」と戸棚の中に隠れさせて鍵をかけた。すぐに戻れると思っていたが、そのまま収容所送りになってしまう。

一方2002年のパリ。フランス人の夫を持つアメリカ人ジャーナリストのジュリア。流産を乗り越えて授かった一人娘ゾーイとの3人で幸せに暮らしているが、ある日第二子の妊娠が発覚。子供はもう無理だという夫に対して失望する。ヴェルディヴ事件の特集記事を書くことになり取材を続けるのだが、義母のアパートがサラの一家が住んでいた家で、一家が連行されたあとに引っ越してきたことが分かった。

【感想】完全にネタバレなのでご注意を Read More →


Holes
Louis Sachar

【あらすじ】
Stanleyはぽっちゃりしていて学校でもいじめられっ子。曽々祖父のせいでかけられた呪いによって代々不運続きの家庭で育っており、うまくいかないことがあるとすべてその呪いのせいにして一家は生活している。
ある日、野球選手のClyde Livingstonが孤児院に寄付した靴を盗んだいうと無実の罪を着せられてCamp Green Lakeという更生施設に送られてしまう。
そこで来る日も来る日も穴を掘らされることに…。

【感想】ネタバレありです。
Read More →


1984 (English Edition)

【あらすじ】
核戦争の後、世界は3つの国で治められ、絶えず戦争をしている。
ウィンストン・スミスが住むオセアニアは、ビッグ・ブラザーが率いる党によって支配されていた。その国は絶えずテレスクリーンに監視されながら言論や思想などが徹底的に統制されている。
ウィンストンは同僚のジュリアと反政府活動に関わっていくのだが…。

【感想】ネタバレあり!注意。
Read More →


Someday Angeline

Louis Sachar

【あらすじ】
生まれながらの天才Angelineは8歳だけど学校では6年生のクラスに。
賢さゆえに、クラスメートにも変人と呼ばれ、担任にも辛くあたられている。ゴミ回収業の父親は自分に劣等感を抱いているので、天才児である娘とどう接したら良いか戸惑っている。その中で、信頼できる友人や理解ある優しい先生に出会い、状況は変わっていく。
Read More →